カテゴリ:カジノ( 132 )

プロスペクト理論

どうも。POKKA で1番好きなのがstrawberry teaのぼくです。

昨日13時から麻雀を開始


4時に終了でした


負けたぜっ!まあまあ負けたけど全然小さい額


そして今日は三連休の2日目。カジノへ行ってきまーす


麻雀もポーカーも運と技術が結果に関わってくる


賭け事、ギャンブルと言われるものには必ず期待値というものがある


あと控除率ね


投資はギャンブルなのか?と言われるとイエスともノーとも言えるそう


その人のやり方次第で期待値がプラスになればそれは投資になりうるから



バカラは単純にバンカーかプレイヤーの2択


二分の一、50%だ


バカラをやってる人全員の結果を知っているわけではないが、99.9%は負けているような気がします


実際どーなんだろう?ほんとにわかんないですよ。どれくらいの人がトータルで勝っているのか。



みんなは不思議に思わないのですかね



50%で勝てるのにほぼ全員が負けてしまっていることに



それはね、人間には後頭部にチップが埋め込まれているからです

負けるようになる賭け方を自動的にする


というプログラミングがされているのです


ん?こいつはなにを言っているんだ?と思った方は危ないですよ




では、質問です


どっちかを選んでくださいね

質問1

A: 私が今、あなたに100万円を無条件であげます

B: コインを投げて表がでたら200万あげます、もし裏がでたらお金はあげません


スーパーラッキーな状況でしょ??絶対にどっちか選んでくださいね


選びました?



それはとりあえず置いといて次にいきますよ


質問2

A: 今この場で罰金100万円を支払う


B: あなたがコインを投げて表なら罰金は支払わなくても結構です。もし裏がでたら罰金を200万円支払ってください



はい。選びましたか?


質問1の場合ほとんどの人が無条件で100万円をもらってしまいます

期待値的にはどっちも100万なんですけどね


もうこれは誰だってその場で100万もらった方がいいに決まってます


たしかに、コインを投げて表がでたら200万円貰えるけど、、確実に100万もらっとこ!


ってなるでしょ


そして、質問2


無条件で100万支払うって嫌ですよね


そうなんです。誰だって嫌なんです。


俺も嫌です。


んーーー。



んーーーーーーーーー。やるっ



コイン投げるっっ


一か八かに賭けてみる


50%なんだからな!!



ね?



こーなるんですよ



これがプロスペクト理論ってやつです



同じ期待値の事柄でも、人間は利益がでているときは堅実な方を選びやすく


逆に損失を抱えているときは一か八かの方を選びやすくなる


この理論は全員に当てはまるってわけではないにしろ、ほとんどの人に当てはまります


ギャンブルで負けている人は100%と言っても過言ではないくらい


このパターンです


バカラで当てはめると


勝っているときは勝ち分を溶かしたくない


もっと勝ちたいけど、、、


負けてプラマイゼロ、マイナスにならないようにしないと、、


こんな思考になります


つまり利益を確定させたいのです


逆に調子が悪くてプラスにならない、、、一向にマイナス域、、、


あーームカつく、、、次は鉄板でバンカーやなっ


2倍、、、いや、3倍賭ける!!もし勝てばプラマイゼロまで戻せる!


っていう思考になります


リスクをとってでも大勝負にでる、、ってやつです




つまり、


プロスペクト理論では


本能的に損大利小になるんですよ



人って負けるのが嫌なんですよ、損するのが嫌な生き物なんです


当たり前ですよね



負けるのが得意!損するのが好き!!


なんて人いないですから



ふつーに生活してるぶんには全く問題ない、、この思考が投資では致命傷になる



負けるのは当然なんです



勝率100%なんて無理です



バカラで全部を当てるなんて不可能です


勝つにはプロスペクト理論の逆をいく


損大利小の逆


損小利大



勝ってるときは勝ちを早々と確定させない


負けているときは賭け額をむやみにあげない




たまに、なら早めに利確してもいいんですけどね



d0263682_19362499.jpg











[PR]
by takac717 | 2017-06-09 18:38 | カジノ | Comments(0)

プロに学ぶ

どうも。餃子で米が食べたいぼくです。

さっきyoutubeで平野美宇の試合を見てました。

いやー、すごいです


あれで17歳ですよ?世界ランキング8位だそう


少し前のアジア選手権で中国勢を倒しまくって優勝した時からすげーとは思ってましたが


プロ選手、アスリートから学ぶことってたくさんあるのです

上を目指している人たちはたくさんの失敗をして、その失敗を次に活かす努力をしています


バカラプレイヤーも同じような心構えである必要がある。負けることはゲームの内。いちいち負けの影響を次に引っ張るのは心理的に良くない


プロは結果が全て。結果はどうなるかわからないが、必死に練習し長い間、自分のスキルを磨き上げて行く


バカラも同じ考えでなくてはいけない。少ない資金で短期間で楽して大儲けしようとしてはいけないのです。みんなと同じ考えでダメ。その他大勢の逆をいかないと


少ない資金で短期間で大儲けするの逆はまとまった資金で長期スパンで実力を磨いてゆっくりと資産を作っていくなのです


そして参考になるのはプロスポーツ選手やアスリートだけじゃない


なにかに没頭できる人


こーゆー人は投資家に向いているそうです


例えばゲームが死ぬほど好きな人


プラモデルが大大大好きな人


爬虫類マニアの人


なんでもいいんですよ。部活でなにかに熱中したことある人


とにかく、それが好きでそれをやってる時は時間が経つのがあっという間


食事もとらないで12時間くらい余裕でできてしまう


そーいった自分の大好きなことには目がない人は、没頭したことが過去にある人は投資家に向いている才能があるといいます


それはなぜか


なにか没頭するということはそれをもっと知りたい!


出来るようになりたい!


絶対に負けたくない!


それについてわからないことなんてないっ!


なぜそーなるんだろう?


なぜ出来ない?


どーしたらもっと良くなるんだろ?


とにかく四六時中考える


色々やってみる


ありとあらゆるものを使って調べる


からです。


街中、普段の生活、なんとなく目に付いたもの


それらを全部結びつけるのです


投資は簡単じゃない


ちょっと仕事以外でお金が少し入ったら嬉しいなぁ


空いた時間で少し稼ごう


周りも結構やってる人いるし、自分もちょっとやってみうかな


こんな人がわんさかいます


四六時中そのことだけを考え

常にアンテナを張って気になることがあったら調べる

誰にも負けないくらいそのことにはついては勉強してきたし、今も勉強中


そんな情熱をもった人たち相手に勝てると思いますか?


ってことです


スーパーオタク、没頭出来る人、過去に没頭したことがある人が投資家に向いているとされる理由はこれなのです

私はバカラが好きで12時間以上没頭出来たのです

そして気になることは全部調べる

データをメモり、それを家に帰って全部パソコンに入力して検証する

システムベットに照らし合わせて自分がそのシューでいくらプラスになるか実際にやってみる


これらを仕事外にやってましたよ

好きなんですよ、それを調べたり、自分でやるのが

自分で納得のいくまでやる

いくらやってもこれじゃ、勝てない、、


もちろんうまくいくことの方が少なかったです


でも可能性は一個潰したわけ


じゃ、次はどのシステムでどーゆうベットでかけようかな、、

こんな感じですよ


好きこそものの上手なれです


必ずしも上手くいくとは限らない


負けるほうが多い時だってある


バカラも投資も理屈は一緒


世の中には色んなことが共通することがたくさんあるっ


d0263682_04495456.jpg

それにしても伊勢丹のみかんは高すぎるぜ

六個くらいで30ドルちかい、、一個5ドル。。。

こんなん誰が買うねん


[PR]
by takac717 | 2017-06-02 04:00 | カジノ | Comments(0)

バカラに取り憑かれた少年は、、

どうも。泊まると言ってたのに、速攻で帰ってきてしまうぼくです。


はい。


着いて少ししたら寝ると言ってましたが、そんなに簡単にはいきません


着いたらとりあえず、やるでしょ


もちろんなかなか止まりません


そして選択を迫られるのです


このままもう少しやって泊まるか、それともキリのいいところでやめてもう帰るのか、


七連勤を考えてしまうと弱気になってしまいました


9時半から始めてちょうど3時半には終了


このまま続けたら明日がキツイのでさらっと帰る決断


13勝14敗

18勝10敗

5勝11敗

16勝16敗

32勝25敗

トータル 84勝76敗 勝率52% 約2%の勝ち ユニットで10ぷらすかな


コミッション入れて2.5%の勝ちですかね


午前中は割と人がいなくてすいすいゲームが進み良いペース


昼過ぎから人が増えてすぐテーブルに人が集まって来る


最大損失は-3%で最大利益は6%くらい


前半に1つか、2つ良い波をとれれば10%〜15%の勝ちでしたねー


流れはそんなに悪くもなく、良くもなく我慢の展開


時間もなかったので、-5%くらい損失で今日は終わりかなと思ってたので最後に浮いてラッキーでした


-5%と、2%の勝ちはぜんぜん違うのよー


来週また夜に行ってがっつりやるので、それまでお預けです


もちろん、仕事明けに徹夜でバカラをやりに行ったのでクタクタです


いつものやよい軒でエネルギー補充


d0263682_00162696.jpg

生姜焼き定食に納豆


ううううううますぎる、、、


今日は12時間は寝ます


おやすみなさいませ

[PR]
by takac717 | 2017-05-31 23:55 | カジノ | Comments(0)

とりあえず寝る

どうも。天ぷらそばとご飯系を一緒に食べるのが好きなぼくです。

寝る前に久々に暴食しました。胃がもたれてます


今日は一日しか休みがないので、カジノはお休み


の予定でしたが、


目が冴えて全然寝れなかったので朝一で行くことに


朝一で行くのはたぶん初めてかな


昼過ぎまで寝て夕方気が向いたらいこうかなーくらいに思ってたのに、、、


お陰で今頃眠くなってきましたzzz


着いたら少しやって夜まで仮眠しよう



そして、夜から朝までやろうかなと


人が多い時間は部屋で寝てしっかり体力を回復っっ


次の日は軽く寝不足で仕事だけど、気合いで乗り切ります


今日も同じく1番最小のユニットでのんびりやるスタイルです


軽く流す程度なので、勝ちは少しで十分



そろそろ大きい負けの波が来てもいいはずなんだけどね


早く来ないかねぇ


d0263682_08420184.jpg




[PR]
by takac717 | 2017-05-31 08:27 | カジノ | Comments(0)

運用は%で考える

どうも。最近気になることはBitcoinとみぱちょの僕です。

みぱちょって響が頭から離れません


あしたカジノいこうか迷ってるんですよー


もう今月は目標利益がでてるのでいかなくてもいいんですけど、ウズウズしてます


来月2回行って目標利益達成すればいいんですが。


で、です


バカラをやってる人のほとんどがいくら勝った、負けた


って言ってるんです


でもね、洗練された投資をする人は儲かった金額ではなくて、運用利率で考えているそーなのです


ふむふむ。


まあ、投資と思うかギャンブルと思うか


の違いですかね


毎月、毎年の目標は利益率で設定するべきなのです


バカラをやってる人は儲けるだけ儲けたい

と思いがち

そんな考え方じゃいつまで経っても負け越しです


小学生の時は成績を通信簿で判断するように


投資では月利、年利などの運用収益率で判断する


一回一回の勝った負けた金額なんて意味ないです


例えばAさんは10万円持って行って15万に増やしました。50%の収益率で5万円の利益


Bさんは1億円持って行って1億100万円に増やしました。
1%の収益率で100万円の利益


得た利益だけ見れば100万の方が圧倒的にすごい!って思ってしまいます


ですが、収益率でみれば50%を叩き出してる方がすごいのです


自分もバカラをやりに行くと必ずといっていいほど同僚の誰かに遭遇します


帰るときにチップを換金するときにたまに金額を見られるんですよ


で、数日後会社で会うと

すごい勝ってたじゃないか

おれは全部負けたよ、、、


みたいなことを言われるんですよ。。。


説明するのがもうめんどくさいんですよ、、


金額しか見てない人はそれでしか判断出来ないのです


勝ち分はそれほど多くないのにね


大事なのは、


その運用は何%で回ったのか


なのです


これからバカラを投資としてやろうとしている人は


金額じゃないです


本当の運用は%で考える


これが全てです


d0263682_03385795.jpg






[PR]
by takac717 | 2017-05-30 02:55 | カジノ | Comments(0)

計算機

どうも。半熟卵が食べたい僕です


見つけてしまいましたよ


ついに


すごいものを


なんだと思いますか?


あれですよ、あれ


バカラで絶対に勝つようにベットできる計算機


え?そんなのあるの?


って思うかもしれませんが、


あるんだそうです


日本の会社がバカラのデータを何十万回と取ってその統計を元にどうゆう賭け方をしたら絶対に負けないか


をいろいろなシステムで検証してついにできあがった画期的な計算機


もうこれで怖いもの無しやっ


バカラはギャンブルじゃないんです


投資なんです


毎日空いた時間で少しづつお小遣いを増やしませんか?


日利10%程度の資産運用してみませんか?


去年そんな感じのサイトを見たんですが、完全に忘れてました。昨日はたまたま目に止まってずーーーーーーーーーっとそれ関連の動画やブログを見たり読んだりしてました


なんてったって、カジノで働く者にとって一大事ですかね!


そしてバカラをやっている者としても実に興味深い!!


はい。


あくまで個人的見解ですよ?


今から言うことは。


まず、会社。うーん。わかりません。


自分がバカラで負けないようになったら似たようなことできるなーなんて思ってたけど、やりませんよ


もっと違うアプローチをするのでね


案の定、ネズミ講みたいになってます


別にそれはいいと思いますが


肝心のシステム。うーん。どうでしょう。


動画で解説してる人の言ってることはわかるんですよ。


おれもあれはやったんで。


何千、何万って回数をこなせばバカラは必ず大数の法則で50対50に近づいていくゲームなんですから


そしてそこを利用して必ず負けないような賭け方のシステムで戦う


それもあってると思います。ですが、ことはそんなに単純じゃないんですよ


必ず偏りがでるからです。勝ち負けのね


そしてアレは会社の方でも言っている通り、100%勝つシステムじゃないんですよ


あくまで、あの計算機にしたがってたくさんの試行回数をこなしていかないとダメなんですよ


しかもどんなにマイナスになろうが、指定された金額をベットしないといけない


今まで投資をやったことがない人がそんなこと出来ます?

仮に100万からスタートしたとして、マイナスが50%を切って、残り50万。その状態で計算機にしたがってバンカーに30万かけなさい!

って言われて出来ますか?って話なんですよ


私は今までそこそこのゲーム回数をこなしているし、自分なりの経験や勘、バカラで勝ってる人負けてる人を腐るさほど見てきている。ほぼ負けている人だが


そんな自分だからこそ、自分が賭ける方


自分が賭ける金額を自信を持って賭けれるんです


他人の意見なんて全く参考にしません


自分のシステムに自信があるから


軽い資産運用?絶対負けない?お小遣い稼ぎ?


夢は寝てみてください


バカラをなにもわかってないですよ


私自身がその計算機を使ってないのでなんとも言えないですが、システム自体は問題ないのかもしれません


問題は使う人です。使う側がバカだったら100%負けます


必ず感情的になるのがバカラです


そして感情的になったら、投資ではなくなるのです


ダランベール法


これ自体は結構使えると思います


ですが、勝率ありきってのがね


勝率が下回ってても勝てるって言ってますが、あのやり方では無理があるように思えて仕方ない


まして資金管理が出来てなかったらあんなのはただのクソですよ


資金に対して1%でもあの方法ではパンクするな


必ず10連敗、20連敗ってくるんですよ。たぶん、それに耐えられない。システム自体は長い目で見ればたぶん大丈夫なのだと思います


が、資金管理が誰も出来てないので途中退場の人が続出。もしくは、何度も何度も追加投資で負債が膨らむパターン

そうなってくるとは人間はなにも考えずルール通りに淡々とお金を賭けれなくなるのです


そもそもダランベール法やモンテカルロ法は莫大な資金がないと無理だ。少ない資金でやれば必ずどこかで20%以上のベットをしなくちゃいけない時が結構でてくる

勝ってる時はいいですよ。ただ負けてる時はニコニコ笑いながら淡々とひたすら負け続けるのには向いてないシステム。


収益率でみたらたぶん典型的な損大利勝


投資で負けるパターンです


あれは負けると金額を増やすから


どこで損切りするかにもよるけど、マイナス20%以上がちょいちょい出るようでは話になりません


毎日の収支をブログやyoutubeにアップしている方もいますが、1年でどのくらいの収益がでるのか少し楽しみです


ほとんどの人は詐欺にあったとか思うんじゃないですかね


使う人がなにも理論をわかってなくて、資金管理が出来てないので当たり前のことです


あの事業が数年でどうなっているのか


一応、定期的にチェックしますね


バカラにハマってどん底まで落ちる人がいないといいですねぇ


他力本願ではダメですよぉ


もし負けて、あぁーちょっとでも期待した自分がバカだった

と思っているなら自分で色々考えてやってみた方がよっぽといいです



自分で考えない人は死ぬまで、いや、死んでもバカままです


バカは一生治りません


計算機使っている人!


数人でもいいから、年間収支をプラスにしてくれー


本音を言えば自分でも検証したいからちょっと使ってみたいのよね(笑)

d0263682_04575828.jpg



[PR]
by takac717 | 2017-05-28 03:46 | カジノ | Comments(0)

中国人はバカではない

どうも。お気に入りの女の子がたくさんいて困ってしまうぼくです。


バカラが出来ない時はバカラのことを考えるっ


イメージトレーニングしかできません、、、


毎日毎日職場では中国人の群れ、、


もはや中国人だけではない


アジア人群れだ


中国人はバカだ、、そう思うことも多々ある


でもそうとも言い切れない


毎回毎回勝った負けたを繰り返し、罫線を見ながらあーだこーだみんなとワイワイ、1人で真剣に考えている人もいる


それを毎日毎日やっているのです。



この人たちの頭は本当に空っぽなのか?


と、常に思っていたが


単に考え方が違うのです


アジアは広い。日本人は他のアジアの国とは全く違うのだ

教育の差なのか、文明や宗教の差なのか、色々あります


中国の人はやたら、気とか風水とか非科学的ものを信じる

たぶん、それのせい?


この葉っぱを煎じて飲めば長生きする


この数字は縁起が悪いから絶対に使ってはいけない


これは不吉を表す前触れだ


などなど、ありとあらゆる迷信めいたものが存在する


それが中国


日本では一緒に苦しい時を乗り越え頑張ってきた人を仲間と呼ぶ

中国では自分に利益と繁栄をもたらし一緒に喜んでくれる人を仲間と呼ぶ


日本人は価値観が似ていてなんでも話せて本当に心の底から信頼できる人のことを親友と呼ぶ


中国人は自分のお願いを叶えてくれる努力を惜しまない人を親友と呼ぶ。役に立ってこそ親友だそうです。


日本人は今の自分があるのは周りの人のおかげ、たくさんの人の協力や支えがあったからこそと考える


中国人は今の自分の成功は自分の努力の成果と考える


日本人は失敗を糧にして次に活かす努力をする


中国人は失敗したことに納得せず、誰のせいで失敗したか考えます。


日本人は反省するが、中国人は反省させます


日本人はお世話になった人に感謝し、贈り物を送ったりしますが、中国人はこれからお世話になる人に贈り物を送ったり感謝を表します



、、、、、、ってネット上やあるブログに色々書いてました



この他にもたくさんあります。全ての人に当てはまってるわけではないですが、おおよそは合ってる気がします


そして、これらが全て悪いわけではないのです。


日本人にとっては真逆の考えであったり、到底納得出来ないものばかりだから不快に思ったりムカついたりするだけであって


そーゆー文化、宗教なんです



日本の仏教の思想とは全く違います


たしかこれもネットで見た気がするけど、中国は儒教、仏教、道教の3つから成り立っているとか

うる覚えなので間違ってる可能性ありますが、、、


中国は韓国と同じくらい違いアジアなのですが、


考え方、中身は日本とは真逆なんですよ


なので、中国人や韓国人と日本人は共存できないと思うですよねー


競存なら出来ますが



そう。中国人は中国古来からの考え方なんです



計算が出来ないわけじゃないの


みんな計算できるのよ。計算できなかったら中国では騙されたりボラれたりするからね


でも、確率とかそうゆう概念がないのかな?小さい頃にそういった勉強をしてきてないんだと思う


これは長くやり続けたら負けるとか、これだとこっちの方が有利だ


的な発想が全くないんだよねー



日本やアメリカ、他の先進国はなにかを生み出したり


開発、発明したり出来る


でも日本以外のアジアの国はそーいったことが出来ないのはなぜか


マネしか出来ないからです


結果を得るに行動する必要がある


行動するには思考する必要がある


なにをするにも一番大事になってくるのが思考


なぜ、そーなるのか?どーやったらうまくいくのか?

なぜ?

なぜ?

なぜ?

このなぜ?って思うこと。それを追求する、知りたいって思うことがカジノ内にいる負けている人から誰からも感じられない


アジアにはとてつもない金持ちがたくさんいる


それは単にビジネスで成功してるだけであってその人が


すごいわけではない


もう出来上がってる仕組みをやってるだけ


親が資産家だったり、会社を引き継いだり、なにも考えずともマネしてればいいこと


やつらは自分ではなにも考えていない


考えていたらカジノであんなにバカみたいなことをやらないです


経営者なのかもしれないけど、投資家ではない



だからバカラでは勝てないのだ


投資の世界では初心者でも半分の確率で勝てる戦いなのです


相場が上がるか下がるかしかないのだから



勝つためには負ける額より勝つ額が大きくなればいいだけ


でもそれが出来ないからみんな負けて出ていってしまう



知ってると思うけど、バカラはイタリア語で破産って意味


中国人はとにかく賭けが大好き


このバカラというゲームは中国人達からお金を吸い取るために生み出されたゲーム、いや、


中国を滅ぼすために誰かが意図的に始めた国家的プロジェクト


なんじゃないか


とさえ思ってしまう


なぜなら中国人の思考では絶対にバカラでは勝てないのだから



d0263682_05413875.jpg



[PR]
by takac717 | 2017-05-26 04:26 | カジノ | Comments(0)

ノンフィクションです

どうも。ドトールのサンドイッチが食べたい僕です


毎日毎日仕事です


当たり前ですけど


休みの日もカジノです


毎回の仕事でも休みの日のカジノでもよくみる光景


ある中年の夫婦がやってくる。最初は2000ドルをチップに変える


一回にかけるのは200〜500ドルくらい。何ゲームもやっているうちに調子良く勝ち続けて倍の4000ドルに増える



とにかく連敗しない。罫線に沿ってよくありがちなパターンがキッチリ決まる


おじさんはもう気分が良くなっています。見たかっ!やっぱりこっちだろ!ここがこーなってるんだから次は絶対こっちにキレるんだよ!


平均のベット額が上がり始める。500〜1500ドルでかけ始める。


とうとう3倍の6000ドルまで増える。しかし、そこから1回勝って2回負ける、2回勝って4回負ける、3連敗、、


ジリジリ減って元の2000ドルになってしまった。もうおじさんはプンプン


1000ドルか2000ドルでしかかけなくなっている。1回か2回負けたらおしまいです。ふつーはこうなったら大体おしまい


ですが、たまにミラクルが起きるのがバカラなんですよね


おじさんはそこから怒涛の快進撃で3連勝、1回負けて4連勝、、あっという間に12000ドルに浮上


元金の6倍になっています。そこからはなかなか増えもせず、減りもせず。300〜1000ドルでかけて、たまに3連敗したと思いきや、2000〜3000ドルで大きくかけてそこで勝ちプラスにする


そして、また徐々に調子が良くなり2000〜3000ドルかけ始める。最終的に20000〜25000ドルくらいでシューが終わってキリが良くてデーブルを去っていく、、、


すごいんですよ。


なんてったって元金の10倍以上にするんですから


こんなパターン、


バカラをやっている人であれば、


誰でも数回はあるんです


これが破滅への一歩なんですがね


本当にこれは気持ちいいんです


完全に予想通り。勝率も6割以上。大きくかけてところを大体とれてる


で、次のテーブルに行ってまたやり始めると必ずと言っていいほど、さっきみたいな展開にはならない


大勝ちして、手に入れたチップがどんどんなくなっていくのです。


さっきまでの展開が嘘のように勝てない。感情的になって掛け金も大きく上がり、気がつけばあと1回負けたら全部無くなる、、、そんな状態に陥る



とまあ、こんな人たちがカジノの中にはたくさんいるのです


当たり前です。ギャンブルやってんだからねっ


株、fxって知らない人たちに話すとマイナスのイメージを持たれるんですよね

それを生業にしている人たちも少なからずいるのに


投資にするかギャンブルにするかは本人のやり方次第


カジノで負けている人たちは株やfxで退場くらっている負け組トレーダーと全く同じ


カジノの中は株やfxの世界と似ている


資金管理もせず、勉強もせず、負けや勝ちのパターンからなに1つ学ぼうとしない、、


カジノの中はそんな、ど素人トレーダーがいきなり株やfxの世界に大金を持ち込んでデイトレードしているのと同じことなのです


つまり負けるべくして負けている


勝つことは絶対にありえないのです


相場が上がるか下がるか、バンカーかプレイヤーか


二者択一というと点では全く一緒


トレーディングは確率論に基づいたゲーム


毎回独立したゲームということは次のゲームと前のゲームは無関係ということ


完全にランダムなのです


そこに法則や関係性を見出すことは時間の無駄


どこでエントリーするのか、バンカーが伸びるかプレイヤーでキレるか、、


どれくらいのポジションでいけばいいのか、、100ドルかけようか、、次は鉄板の目だから1000ドルかけようか、、


こんな感じですごく共通する部分があるのですよ


ある人がfxを資金100万でやり始めてたとして、

昨日は20万もまけちゃったよーーくそーー


って言ってたとしたらどう思います?


勝っているトレーダーの人からしたら、そりゃそーだよ


負けて当然でしょ。なんにも、わかってないよ。たぶんあなたは一生勝てないよ


ってなるんですよ。一回のトレードで何%のリスクをとったの?


利確と損切りはどのタイミングでやったの?


損益比率はいくら?


私には難しことはわかりませんが、しっかりと勉強して最低限の知識と自分のルールを決めた上でやったの?


と、言う気にもなりません。あまりにも哀れすぎて


トレードもバカラもまずは勉強してから来やがれっ


ってことですね


そんでもって最初から簡単に楽して勝てると思うなよ


負けて負けて負けてそれでも


なにくそぉーと這い上がって来た人のみが


残る世界


なのではないでしょうか





d0263682_05250437.jpg





[PR]
by takac717 | 2017-05-25 04:04 | カジノ | Comments(0)

徐々に大きく

どうも。月曜から夜更かしを久々に見た僕です。


あー


今月来月は色々やることがあって、なんだか気が重いです


一個一個やっていきましょう


早くバカラをやりに行きたいのですよ、、


バカラプレイヤーは一体どのくらいの金額を持って行ってどのくらい勝てば満足するのだろう


いっつも不思議に思うんですよね


どこまでも増やそうとしてるんですよ


いやいや、無理ですよ


年間どのくらい勝ちたいのか


それが決まれば月にどのくらい勝てば目標金額に届くかわかるのです


ほとんどの人が全く決まってない


結構増えたり、キリが良い金額になったらストップして帰る人もいる


でもそれだと、ずるずると負けてしまうパターンがたくさんでてきてます


軍資金10万の人、30万の人、100万の人、500万の人、1000万の人


基本的には小さいアカウントも大きいアカウントも扱い方は同じだ

大金が最初からあればおれだって勝てるのに!


って言ってる人は勝てません


どの金額でもリスクを取りすぎたらパンクします


大きい小さいは関係ないのです


小さい金額を増やせない人は大きい金額になっても増やせない


正しいリスクコントロールが出来ていないから


たまたま強運が重なってめちゃくちゃ勝った


資金が5倍、10倍になった


そーゆー人は必要以上にリスクを取りすぎてドカンと負けて全部無くなる



小さい金額のうちから自分は大きい金額でやっているんだ


という意識でやっていけば無茶はしなくなる


10万なら1000万でやっているくらいの意識でやれば感覚は研ぎ澄まさせる


そーやって勝ちを積み重ねて行き大きいアカウントになっても


今まで通り同じようにやる



そう、投資家になるのです


今は小さい金額でも1000万、5000万、1億になったらでかいですよ


たった数%でもね


金額が上がれば上がるほど勝ちのラインは下げても平気なのです。そしてユニットも何十分の一にも下げることが出来るのだ

リスクがだいぶ減る

1000万で5%なら50万

1億なら1%の勝ちで100万


もし今まで記録を取っている人がいるのであれば


その収支の結果を見た方がいい


少しづつ勝って、一気に大きく負けているようであれば


それは資金管理が間違っているということ



それが間違っているということはその反対をしなくてはいけないのです


少しづつ勝って、一気に負けるの反対は


少しづつ負けて、一気に勝つ


です


攻撃は最大の防御


って言葉があるが、それは時と場合による


まずは守り。投資は大きく負けてしまうと元に戻すのが難しくなる

という原理が働く


って前に言ったと思いますが、、、


投資においては負けないこと


これが一番大事なんだそうです


d0263682_05343428.jpg






[PR]
by takac717 | 2017-05-24 04:44 | カジノ | Comments(0)

茹でガエル現象

どうも。テリヤキサーモンとご飯が食べたい僕です


昨日の朝の便で⛴から帰ってきてブログを更新しようと思ったけど、色々やることがあって出来ませんでした。。


掃除、洗濯、買い物、、


全部終わらせて疲れ果てて寝てしまいましたよ


ぶっ通しではないけど18時間くらい寝てました(TT)


みなさま、茹でガエル現象を知ってますか?


カエルを水が入った鍋に入れて弱火で徐々に加熱すると


水の温度の上昇に気付かず、そのうち沸騰したお湯の中で死んでしまうのです


逆に沸騰したお湯にカエルを入れると、驚いて必死に外に出ようとします


これを茹でガエル現象というのです


これっていろんなことに当てはまる


バカラや投資にも同じことが言えるのです


ゆっくりとした環境の変化には気がつきにくく


気付いた時には致命的な状況に陥ってしまっている


ということを意味する


自分が初めて会社を辞めて海外に行くと決めた時もこの言葉があったなー


毎回思うんですよ


バカラをやってる人たちを見るたびに


なんでこんなにバカなんだろうってね


みんなと同じことをやってても結果は変わらない


自分で考えて人と違う行動がとれなきゃなにも変わらないんです


そこそこの大金をかけているのに


勿体無いです


まぁ、


カジノにいる全員が負けて


最終的に自分だけが勝ってると思うとそれはそれで


悪い気はしないが


そのためには周りで騒いでる人達はある程度必要


では今回の結果


土曜ということもあってかなり混んでました


予想より遥かに混んでいてゲームの進むスピードが遅い、、、


最初の2シューは6時間近くかかった、、


勘弁してー


混み具合をみて前回の半分のユニットに変更


ゲーム数を消化できない可能性を考慮してです


バイインも前回の半分。ローリングも前回の半分


21勝17敗

9勝15敗

9勝19敗

21勝19敗

10勝6敗

12勝5敗


トータル 163戦 82勝81敗 勝率 50%

バイイン額の30% 勝ち

ユニットもローリングも今までで一番低く設定したにもかかわらず今年一番の勝ちでした


展開が良かったのが理由なのだが。前回、前々回と悪いパターンが続いていのでそろそろ来るとは思っていた


バイインも一応持って行った金額の半分はしたけど、数合わせのようなもの


実際はローリングチップに変えたぶんのみでずっとやっていた


なので、実際はバイイン額の50%程の勝ち


投資で50%増やすってかなりすごいんですよ


もはや、投資じゃなくてギャンブルじゃん


って言われそうだけど


普段は3〜5%の勝ちでクリア、たまに展開が良くて15%くらいの勝ち


ものすごく展開が良くて25%くらいかなぁ


30%を超えたらもう出来過ぎです


今回は出来過ぎです


次の二連休までは2週間近くあるので、しばらく実践はお預けです


とりあえず、今年はプラスに浮上しました


2017年一発目にがつんと大きく負けてからそこから8連勝


新しいシステムに切り替えてからは無敗


この調子で今年の目標をクリアしたいです



d0263682_03123572.jpg





[PR]
by takac717 | 2017-05-23 00:26 | カジノ | Comments(0)