<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Control your destiny or someone else will

 熊田曜子結婚してたんだね〜。しかも妊娠中。どうも!ぼくです!数日前から暑い。外にいるだけで汗かく。。クーラーないときついぃ。

 いやね、数日前に車を運転してたらね、後ろの車ツッコんでしまったんですよ。後ろの男女の行動があまりにおかしくて。運転している男のあごを助手席の女がずっと触ってて。しかも5分以上ずっとよ?想像するに、、、、、
 女「チョーつるつる!気持ちいい!」
 男「だろ?そりゃ、朝ひげそったばっかしだな!でもおまえの方がもっと肌つるつるでキレイじゃん!」
 女「えー?嬉しい!さわってよ〜!」
 男「ほらーーー!やっぱりキレイ!!」

ってな感じで。しかも同じこと何度も繰り返す・・・。朝の9時ですよ。

 ごらぁぁぁぁぁーーーーーーー!家でやれやーーーーーーー!と車内で叫んだのは言うまでない。
 なにこれ。ピカルの定理のミニコントじゃねーんだぞ。



さて。今週の?です。
ふと思ったんですけど、よくテロ対策とかで建物の中に入る時に会社名、名前、電話番号、あと車のナンバーとか書かないと入庁できないところが多々ありますよね?あれって必要?よく、厚生省の建物とか港のコンテナヤードに行くんだけど、毎回書かされる。んで首からかけるカードをさげてすんなり入れる。思うにあれって全く必要ないと思うのおれだけ?テロ対策ならもっと厳重にするでしょ。あんなの誰でも入れる。名前、社名、TELとか適当に書けばいいだけ。
 法律とか規約みたいなので決まってるのかな?形だけってやつ?工事現場とかでも誘導する人とか必ず何人か置くみたいな。カメラとかもたくさんついてるけど、実際に事故が起こってから原因はなんなのか、犯人は誰なのかとか調べるためだけでしょ。なにかあったら責任はその会社や、個人に押し付ける。地震、津波、原発事故。あんな大惨事が起きたにも関わらず日本は全く変わらず。
 下請け会社に汚染処理任せて、自分たちはなにも無かったかのように。震災した人、被曝した人、お金もない、家もない人も山ほどいるのに自分たちは給料もらえて、しかもボーナスもほしいと。そんで電気料金値上げ。いやいやいやいや。なめてんのかと。メルトダウンしないって言ってたくせにドカンだし、放射能は漏れてないとか言っといて漏れ漏れだし。
 本当のことを話したら混乱するからなのか。それもあるかもしれないけど、国民は知る権利があるず。都合の悪いことはなんでも隠蔽。メディアの情報もなにがホントでなにが嘘かわからないこともたくさん。うまく洗脳されてるとしか言いようがない。これじゃ中国、北朝鮮と変わんねーし。

 話は戻るが、その警備会社の警備員のやる気のない警備といったら。おいおいなんだそれ。ちょっとガタイのいいやつならガン飛ばしただけで、逃げてしまいそうな疲れきったおじさんとかしかいない。金の無駄でしょ。ってかその警備会社を雇っているとこはどこなん?公的機関ならそれは間接的に税金でそいつらの給料支払われているってことなんじゃね?いや、ほんと無駄。警備するなら全力でやってほしい。想定外、の一言で片付けるのはやめてもらいたい。

 消費税上げるとか言ってるけど、一体なんのために?日本の税収は年間約50兆。うち、所得税、法人税、消費税が80%。税金の滞納額は年間約8800億。うち約半分くらいは消費税。まず、滞納されてる税金を集めるてくれ。と言いたい。あと外交費用。あれってほんとに意味あることやってんのって思う。対して自分たちの意見言わないで、他国の機嫌を伺って、無難に。ってのが日本の国民性。そんで何十人も引き連れて色々飛び回って、会議とかに出席。高い飯食って、良いホテル泊まって。俺達は日本のために頑張ってるんだぞ!とか言って税金で豪遊する。
 そもそもこいつらが間違っているから日本の借金は増え続けている。自分たちの借金は自分たちで払ってほしいもんだ。それがふつーなのに。自分の借金を子供に押しつけてるのと全く同じ。
 
そーいや、ちょっと前に橋下市長の不倫問題が話題になった。あれって5年位前の話でしょ?なんで今頃そんなこと掘り返すん?ま、たしかにいいか悪いかだったら悪いけど、不倫くらいそのへのおやじでもやってるやつはやってるやーん。優先順位違うだろ!金になるほう、食いつきがいいほうをネタにするのか。東電の問題、原発再稼働、復興とあるだろ。
 個人的に橋下さんには頑張ってもらいと思ってるので、なにかあると不倫問題の話になり、強気な発言が言い難くなる可能性がでてくるのがちょっと心配。
 ツイッターで教師は公務員じゃなくてもいい、みたいなことを言ってたのがなかなか面白かった。公務員であることを有するあまり、一部の教師が勘違いしているのは事実。私立の先生で同じ給与、条件で働いてる人はたくさんいる。ましてや塾の先生だって学校の先生より教え方のうまい人はたくさんいる。
 そもそも学校で勉強することって一般教養とかいうけど、別に知らなくてもあまり問題ない気がする。数学ちょっと、国語ちょっとくらい必要かな。英語なんて中高6年勉強したくらいじゃ、全然しゃべれん!インド行ったら凹む。大学も入れれば10年くらい勉強した自分より小学生並の小さいガキが自分よりめっちゃしゃべれるから。ほとんどの大学生、社会人がインドのガキの英語力にかなわない。行ったらわかると思うけど。一体、英語の勉強ってなんだったん?数ヶ月海外に行って英語勉強したほうがが中高の6年よりよっぽど意味がある。
 大学も研究職に就きたい!とか一部の大学を除き、楽しい思い出にしかならない。それでもおれは行ってよかったと思うけど。マック、飲食店とかコンビニとかなんでもいいからバイトの経験のほうが社会にでてからは圧倒的に役に立つ。あと部活での上下関係とか。

 話はまたずれたが、、戻ろう。教員になるには教員試験に合格すればいい。今は教員免許もってても簡単に先生になりにくいかもしれないが。昔は頭が良ければなれた。シゴトができるのとシゴトを教えるのがうまいってのは全然違う。それは勉強でも一緒。いくら頭がよくても人にものごとを教えるのが下手だったり、向いていない場合だってある。昔と今はぜんぜん違う。
 今は先生の人間性のようなものの方が大切な気がする。イジメ問題もあるし。最近の親なら私立に入れる人も結構いるし。正直自分に子供がいたら、先生は選びたい。身を持って経験しているから言えることだが、人はどんな環境でどんな人と付き合うかでだいぶ変わってくる。ある程度の選択肢は子供に与えたい。
 教師は誰とも競わない。だって公務員だから。ただ教えていれば給料貰えるから。叱って体罰って言われたらかなわないから、強く怒ることもなかなかできない。一概にいいとは言えないが、教員を公務員から外してみんな私立の先生みたいにしたら面白い。生徒も先生を評価できるシステムがあれば少しは先生の質も上がる。逆に自分の点数稼ごうとする先生もでてきそうだけど、てきとーに教える先生も少なくなるのでは。

どんなシゴトをする上でも、一番大切なコト。それは知識でも技術でも才能でもない。

 昨日の背伸びは今日の当たり前。人は背伸びをしながら成長する。すでにできることを繰り返してもできないことができるようにはならない。難しいことにトライするべき。同じことをするにしても今日は昨日よりも、もっと短時間で。より高い品質で。


 シゴトに対する考え方、情熱。が一番大切な気がする。
[PR]
by takac717 | 2012-07-29 03:25 | むふふ | Comments(0)

常識?前例?

どうもぼくです。好きなテレビ局はテレビ東京です!特に、未来世紀ジパング、ガイアの夜明け、カンブリア宮殿が好きです!テレ東は他の局とは違って個性が強くて好きなんだよね。真面目な番組もあれば深夜の番組とかも面白いし!皆さん見て下さいね〜!


 今日は常識、前例について。そもそも人って特に日本人は常識、前例に囚われすぎている。と思うは自分だけだろうか。囚われ過ぎているからこそ、日本はいまこんな状況に陥っている。結果をみてほしい。
 自分が中学生の時なんてまだ携帯も普通に持てなかった。カセットテープで音楽聞いてたりとか。高校でやっとピッチ持てるようになって、MDで音楽聞くとか。
 今は違う。音楽は携帯と一緒に持ち歩く時代。しかもインターネットもできる。アップルの革命的な発想により、これがこれから普通になりつつある。CDも全盛期に比べると売上は激減。今はダウンロードする時代。よっぽどファンじゃなければわざわざ2,3千円だしてCD買う時代ではなくなった。
 音楽業界も必死。万人にうけるものを作るのではなく、個性のあるものを作るようになる。オタクとかファンなど確実に支持される層を大切にする。もう今まで通り無難にやっていてはダメ。誰かに批判されてもいい、嫌われてもいい、デメリットがあってもいい。その代わり特定の人にはぜひ欲しい、今までに無い特徴がある、尖ったものを作ること。少数に圧倒的に支持されるものでないと、今の時代は乗り切れない。
 本も今は電子書籍。が当たり前になる。そーいや、みんな新聞とってる?新聞て新聞紙である意味あるの?あれもメールで契約してる人に送るとか、電子書籍みたいにすればいいんじゃないの?って思うんだけどなー。新聞って月いくらかかってんのかな?3千円くらい?新聞が家庭に届くまで、取材、編集して印刷。発送してと、たくさんの工程がある。このやり方だと人件費とかその他費用がたくさんかかる。これをなくしたら、今よりさらに安くなるし、溜まった古新聞を捨てる必要がない。新聞の常識も変わりそう。でも新聞紙じゃなくなることで印刷工場が必要なくなり、そこの需要はゼロになる。新しいなにかができると、昔のものは淘汰される。これは仕方ない。そこで働いてる人は是が非でもそーさせまいとするはず。これは今の日本でもたくさんある。これをなくさないと日本は衰退し続けるのでは。
 常識や前例は変わるもの。というか変えなければならない。いつまでも過去の常識にしがみついているから、時代の変化に対応できず気づけば修復できない状態になる。

 さっきテレビで高齢化社会についてとりあげられていた。今現在、65歳以上の高齢者は日本の人口の割合でいうと23%前後。つまり約4人に一人ということ。これから10年、20年たったら、二人に一人とかになるわけでしょ?どーなるんですか?明らかに人足らない。介護、病院とかどうにかしないと日本潰れんじゃねー?と思うんだけど。今東京、千葉、埼玉、神奈川の病院の空きベットも10%くらいだって。地方より、関東が高齢化で深刻な問題を抱えている。高齢化の1/3は関東で起きるから。
 
 この高齢化は今までで最大でこれを超えることはないだろうと言われている。この問題に関して常識、前例が通用するだろうか?はっきり言って通用するとは1%も思えない。だからこそ今までのやり方を変えなければいけない。常識や前例を疑い、やり方を変える。でも多くの人は変化を恐れている。変わるのが恐いから。常識と前例の延長線上でしか物を考えられず、そこからはみ出たものは理解できないから。常識を盾にしていれば道から外れず、安全だと思い込んでいるから。日本の常識は世界では非常識。でもあるってこと。

時代は変わった。技術が変わった。価値観も変わった。常識も変わった。みんなは変わった?
 
[PR]
by takac717 | 2012-07-09 00:28 | むふふ | Comments(0)

考える力?

どうも。ぼくです。水曜にオフ会に行って来ました。今回はその内容を書こうかと。

 個人と組織のあり方が変わるフリーエージェント社会
~これからの時代を生き抜くヒント~というテーマでした。最近ではサッカーの日本代表が結構いいよね。若い選手がどんどん海外のチームでプレイしてる。スポーツ界ではそれが当たり前。サラリーマン社会も契約社会になっていくのでは?そーなった場合、個人はどうあるべきか?を元Jリーガーの方が色々話してくれました。

その方はゴールキーパーでプロになったはいいが、あまり活躍できず引退し今は高校の社会の先生をしているそうだ。プロになるにはなれる。そこはスタート。ゴールじゃない。チームには素晴らしい監督、仲間、コーチがたくさんいて、色々教えてくれる、指示してくれる。でもそれじゃ成長しない。一般の会社に置き換えても同じ。会社に入るのはゴールじゃない。会社に入ってしまえばよっぽどじゃなければクビにならない。年功序列も以前よりはなくなってきているが、まだまだある。つまり、シゴトしてないやつがシゴトできる人よりも給料を多くもらえる。これは大学卒業してから自分もずっと考えてたけど、おかしい。スポーツ界のように給料に直接反映される方がいいと思う。ダメなら即クビの方がわかりやすくていいと思うんだけどなー。みんなどう思ってるんだろう?もちろん障害がある方に対しては少し違った評価が必要だとは思うが。
 一般の企業とは本来、公務員とか独占企業は別として実力社会。他社と争わなきゃならない。温情主義が残ってるのか実力がない人材が雇われ続ける、基本的に減給はなかったりと働く意欲がなかったり、なーなーでシゴトしてる大人が多すぎる。個人とともに企業も衰退している気もしないでもない。

 この方は今社会を教えているそうだが、ただ生徒に年号や地名などを覚えてほしくないと言っていた。教科書に書いてあることを覚えるのは大切。受験には合格できるけど、社会に出てから生き抜いていく力は身につかない。暗記した知識をもとに、それをどう今の社会や自分と結びつけて、自分なりに考え、行動できるかが大事なんじゃないかと。それを私は教えるべきなんじゃないかと。そんなことを言っていた。
 彼はなぜ自分がJリーグで活躍できなかったかをこう言っていた。ただコーチや先輩の言うままに知識を暗記しただけで、でも自分で考えて判断しないから、実戦に活かす知恵に変えられなかった。
自分が活躍できなかったのは、優秀なコーチのおかげで今までより知識や技術が身についているはずなのに、そこに頼りっきりになって、自分で状況判断や自発的な行動をしていなかった。と。
 
 自分なりの解釈だが、これは答えのない問題の方が大切ってことだと。自分で考えて行動する。これは社会人になってからもずっと必要なのかもしれない。人は考えなくなった時なーなーになるのか?社会人になってから、結婚してからも考えるってことは重要なんだなって考えさせられた。女性も結婚して落ち着くって考え方は変えたほうがいーのでは?と個人的に思う。今は離婚する夫婦がたくさんいるし、当たり前が当たり前じゃなくなっている。もし、離婚して子供がいたら、生活は?女性が自立し始めた社会だから離婚が増えたということもあると思うが。そー考えると男性のほうが衰退してるってことか?んーどーなんだろ。
 日本は知識偏重というか技術偏重で、全体感とか状況判断の部分が弱いように感じる。受験勉強至上主義が強すぎるあまり、知識を覚えたことで満足してしまう。社会人でもビジネスを受験勉強の延長線上で考えてしまい、お勉強ばかりして実践で役立たない人も多い。職人だからただモノづくりしていればいいとか、そういう考えは変えて欲しい。
 これからは一人一人が最低限の知識や技術はもちろん必要だが、自分の頭で考え、行動する自発性と、組織が勝利するために周囲を活かす協調性も大事になってくる。個人が組織に依存してしまう関係でもなく、組織が個人の自発性を奪ってがんじがらめに縛り付けることでもなく、一般企業社会もサッカーをはじめとするスポーツ界のように、自立した個人が集まって、一つの目標を実現していけるような枠組みが必要になってくるのかも。つまりフリーエージェントな社会。

 この前久々にサッカーの試合をテレビで見たんだけど、今の日本昔に比べると強くなったよね。素人の自分が見てもそう見えるもん。いいことだ。サッカーって監督大変じゃない?選手もだけど。評価してもらえるプレーもあればしてもらえないプレーもたくさんある。普通の会社で働いてても同じ。自分が上司だったらちゃんと評価できるかなーとか思ってしまう。目立たないけど重要な役割を評価できるか。これって大事だよね。
「俺はこんなに仕事をしているのに評価が低い」とか、「なぜあいつばかり評価するのか」といったことはどこの職場でも起こる。ダメな上司の典型は上っ面でしか仕事を評価できないことだ。
いかにも目立った派手な活躍をした人だけを評価し、その陰に隠れて下支えしている人とか、何気なく普通になんでも仕事をこなしている人を評価できない。スポーツでたとえるとよくわかる。たとえばサッカー。

 敵が攻め込んできてあわやシュートを打たれそう!という時に派手にスライディングして、ボールとったりなんかするディフェンダーがいると、「おお!よくやった!」となるわけです。
 でも本当はそれはダメなんです。そこまで攻め込まれてしまったことが、守りのとしての役目を果たしていない。本来ならそんなあぶなっかしい、決定的場面を作られる前に、危険の芽をつぶしておかないといけない。でもそういう仕事をしているとどうなるか。見た目に派手にあわやという場面で、ボールをとったりするわけでもなく、相手のスペースを事前につぶして、攻めのチャンスを摘み取っているだけだから、選手の働きを見る目がない、バカな監督には何もしていないように見える

 でも本当はそういう仕事ぶりこそ評価されるべきなんです。大騒ぎするようなことも起きず、淡々と試合が流れていって、危険な場面もなくスムーズに試合が終わること。それがいかにすごいことかを、見る目のある監督なら、見た目に派手な活躍などなくても、そういう選手をほめられるわけです。
 これはスポーツでなくても、組織で働いている会社でも同じ。派手にゴールを決めた人だけがすごいわけじゃない。そのお膳立てをしている人もいれば、しっかり守っている人もいるおかげで、そういうゴールが生まれているだけで、それをゴールを決めた人だけ評価し、「ほかのやつらは仕事あんまりしていない」というのは無能な監督=上司としかいいようがない。
 ただ現実には選手=社員を見る目がない上司が多いわけで、そのためにいかに自分がいかに仕事をやったか、アピールすることがうまい、パフォーマンス力のある人の方が評価されたりするわけだ。だから意味なく大騒ぎして仕事している方が、淡々と着々と涼しげに仕事をしている人より、仕事をしているように見えるという錯覚が生まれる。
 
 自分を評価するのは他人だから、自分がどうかははっきりとは言えないが、、、これまでもそうなんだけど、全体の状況を見た上で、空いているスペースをうめるということを、わりと得意な方なのかもしれない。その空いているスペースを誰かうめないと、全部がガタガタになっちゃうけど、そこをうめさえすればすべてはうまくいくみたいな。でもそのスペースをうめたことを評価できる人が、
あんまりいなかったりすると、派手な仕事じゃないから「もっと働け」みたいにいう。
 いやいや、私、ボール持ってないところで、中盤で動き回ってスペースつぶしてるんですけど。その動きをちゃんと見てないんですか。その私に点をとることもしろといわれても、そしたら今度は中盤に穴があいちゃうでしょう、それを誰がうめるんですかって話しでしょうと。

 私がどうだったかはさておき、ようは組織の中で目立たないけど、実は組織全体において重要な役割をしている人がいるわけです。
 人の上に立つ人間は、組織の上に立つ人間は、数値化しにくい働きをする人の役割の重要性にも気づき、そういう人をきちんと評価すべきだと思う。するとその組織はすっとうまくいく。派手なパフォーマンスや、一発打ち上げ花火的な大々的なことやらなくても、終わってみればあっさり勝ってたみたいな。
 組織ではいろんな役割がある。点取り屋だけがえらいわけではない。その重要性に監督=上司が気づけるかによって、長期的な組織の成績の明暗というのはわかれていくんだと思う。
 今回、オフ会というものに初めて参加してみたけど、いい刺激になりました。みなさんもいかが?
[PR]
by takac717 | 2012-07-01 02:13 | むふふ | Comments(0)