<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

決断力

 午後の紅茶のレモンティーあるじゃないですか。業務スーパーで買えば88円なのに、、向かいの側のファミマで買うと147円するのね・・。どーもぼくです!!!さすがにこの値段の差を見るとすごい損した気分になるので買いません!
 
 今日はめちゃくちゃ久々にサンデー・ジャポンを見ました。15分くらい。西川先生40代なんだね。十分キレイでしょ!どーもぼくです!ぬーーーーーん!?今日はどうもぼくです!を2連チャンでしてみました。

 こんなワタシですが数少ない地元の友達や、学生時代の友人に数年ぶりに会うとよく聞かれることがあります。
「AUS3年いたの!?そんだけいたら英語ペラペラ?」

「アジア一人旅行ってたの!?危なくなかった?」

「これからどーすんの?そろそろ日本で落ち着くの?結婚はどーするの?」

「前の会社の同期二人共、結婚してまだ働いてるんでしょ?残ってた方がよかったんじゃない?もったいなーい。」

 この質問はダントツで多い。日本に戻ってきて働き始めるときに面接でこんなことを聞かれた。
「日本で2年4ヶ月働いて何を学びましたか?AUSの3年間で何を得ましたか?」正直そのときはありきたりなことしか答えることができなかった。
 でも、この業界の経験ゼロのオレを面接してくれるという紳士的な会社だったので、一発かましてやろうと決め台詞を言ってみた。「とりあえず1ヶ月働かせて下さい。使えなかったらクビにしていただいて構いません。給料は妥当だと思う金額を貰えれば結構です。」と。

1ヶ月もすればおおよその仕事の流れはつかめる。あとはどんどん出来る仕事を増やしていけばいい。2ヶ月くらいしてふとあの質問を思い返すと色々と答えが思い浮かぶ。思っているだけじゃダメなんだよね。ちゃんと言葉にして相手に伝えることができなければゼロだ。おれって言葉で相手に伝えるの下手だ・・・。鍛えねば。

 あれから7年。今思えば会社に入社して半年後には「二年後に会社を辞めるという決断をし、AUSにワーホリで行く。」という決断をした時点で、すでに自分は変わっていた。だからAUSで何かを得られなかったとしても、別に問題はない。この決断によって人生は大きく変わっているのだから。


 AUSに一年滞在後、なんの計画も立てずにチケットのみをネットで予約してアジアを一人旅して再びAUS inしたときも。インドとかいくとみんな価値観変わるって言いますけど、どーでした?

 正直たった2ヶ月旅行しただけじゃ自分の気持ちに大きな変化はなかったし、具体的に何かを得たといったような“成果”はなかった。しいていうなら、頼れるのは自分。自分でなんとかしなくちゃ。って気持ちが強くなったくらい。「旅行に行ったから価値観が変わったというより、旅に出るという決断をした旅行前に、すでに自分の考え方や価値観は変化したと思う」

 ほんの少しの決断力と、ほんの少しの非常識さえあれば、 誰だってこんな自由な旅に出れる。


                 そう。。

 旅行に行ったから人生観が変わるんじゃない。会社辞めてAUS行く。旅行に行くために会社を辞めるなんていう、「非常識」な決断をした時点で、人はもう変わっているのだ。

 最初の会社の同期がいつも、こんな会社ぜってぇー辞める。って事あるごとに言ってた。絶対無理だと思っていたが。たぶんみんなの周りにもたくさんこんな人がいるでしょ?

辞めたいなら辞めればいいじゃないかと思う。
辞めないなら、会社でがんばればいいじゃないかと思う。

会社を辞めないのに辞めたいといって、いつまでも居残り続ける人は自分の仕事に言い訳しているに過ぎない。辞めるか、がんばるか。2つに1つしか道はない。それが自分にとっても会社にとっても、取引先や客や同僚や株主に対しても、責任ある態度だと思う。

 やはり会社を辞めるにはそれなりの勇気や覚悟がいる。辞めるときっぱり決断できたことは、相当な信念なり考えなりがないとできないことだ。会社を辞めない方がいいのか、辞めた方がいいのかは、実はたいした問題じゃない。辞めたいと思ったら辞めれるのがいい。それだけに過ぎない。そして大事なのは決断した後だ。選んだ方を死ぬ気でやる。

 「どっちを選んだか」はそれほど重要じゃない。自分が選択した方を死ぬ気でやれる奴はどっちを選んでもよかったと最後に思える。

 人間は常に選択を迫られる。今日なにを食べるか?どの高校進学するか?どの大学受験するか?どの企業に就職するか?この人と結婚していいのか?


 AUSに住んでたくさんの人に会ってきた。楽しい思い出だけしか残らなかった人。留学したってたいしたことは身につけられないと感じた人もいたと思う。結果はそうかもしれないけれど、自分でやってみなきゃわからない。自分で実際にやってみて「留学は意味がなかった」としても、「意味がなかった」ことがわかれば、それが十分な成果だと私は思う。

やりたいことをやったけどダメだったというのと、やりたいことをやらずに、ダメそうだからやらなかったとでは、まったく意味が違う。
どうしてもしたいことがあるのなら、早めにした方がいい。ずっと我慢して、日常を過ごしていると、いつかその想いが爆発する。我慢してできないとストレスがたまり、毎日が不満だらけになる。
我慢したまま自分をごまかし続けると、いつか「あの時やっておけば」と一生後悔する。

失敗してもいい。やりたいことをやればいい。そして失敗したらそこから得るものはたくさんある。
そこで軌道修正をすればいい。やらずに失敗しなくても何も得ることはできない。結果が大事なのではなく、自分で考えて決断し行動することが、人生において何より大事だと思う。


 これからなにかやろうとしている人。会社辞めて自分で起業するとか。留学するとか。狭き門に挑戦する人。どんなことにも言えるが、普通の人に言ったら大抵は「え?」とか「やめたほうがいいよ!」とか言ってくる。
 自分でやったことのない人の批判なんて、その多くは机上の空論。勝手にイメージだけで批判している。そんな人の意見はほとんど参考にならない。相談する相手を選ぶべき。参考になるのは、
自分がこれからやろうとしていることを、すでに経験している方や同じ目的を持っている人の話。

世の中の批判って、やったことがない人が世間一般の「常識」や「価値観」にあてはめ、批判しているのがほとんど。  
 「東証一部の会社辞めんの!?もったいねー!」
 (働いたことあんの?)

 「国立大学受験するの?無理だって。やめとけ!」
 (毎日睡眠時間4時間で死ぬ気で勉強したことある?)

 「一人旅?女の子一人で危ないよ!」
 (バックパッカーやったことあんの?)

多くの場合、経験もないのに、もっともらしい一般論で新しいことにチャレンジしようとする人の意欲をなえさせ、そしてその行動を叩き潰す。やったことのない人に意見を求めるのは賢明ではない。
やったことのない人の批判を聞くのは意味がない。できないと思い込んでいるのは、やったこともないのに口うるさく批判する外野。どうせ聞くなら、経験者の話。経験者が「それは危険だ」「それはやめた方がいい」というならその意見を聞く価値はあるだろうし、きっと多くの場合、経験者は、チャレンジしようとしている人に対して、どんなことに気をつけてやればできるか、親切に教えてくれるに違いない。





 
[PR]
by takac717 | 2012-08-20 00:29 | むふふ | Comments(0)

最近の感じ

どーも!かき氷のブルーハワイの味って何味なの?ってふと思った、、、ぼくです。

お盆ですね。帰省されてる方も多いかと。東京の道は車がほんのちょっと少なめで運転しやすいです。今日、お台場冒険王?の前を通ったけどすごい人。入場するのにもすごい並んで、さらになかはもっと人。全くその人達の気持ちがわからないです。

 お盆でも会社は休みじゃないので出社です。今の職場は人が少ない。そしてうまく回ってない。気づいているのかいないのかわからないが。優先順位がわかってない。やらなくていいことを始めて仕事を増やす。ミスが発生して、その処理で今やってる仕事が進まない。他人に仕事を頼めない。段取りが悪い。でもそれを指摘すると怒る。どーしようもない。この会社だけに限った話ではなく、多くの会社に言えることだが、短時間で仕事をする意識がない人が多すぎる。
 
自分の隣のデスクに50〜55歳くらいの女性がいるんだけど、長年勤めてるみたいで、社長や会長とも仲がいい。基本的な業務といえば銀行に振込行ったり、電話でたり、簡単な経理、雑務等。とにかく面倒くさい。独り言が多い。何回もタバコ吸う。何回もトイレ行く。何回も携帯持って外でる。無駄だらけだ・・。
 タバコ一本で1分×20回。トイレ5分×7〜8回。携帯いじり5分×約5回。まとめてFAX、コビーしないから何度も席を立つ。いくらでもでてくる・・・。毎日生理か!?って位トイレ長い・・。もう終わったでしょ・・。勘弁してくれ・・・。タバコ吸って席戻って、えっとどっからだっけ?って仕事に戻るまで時間かかる。タバコ吸ってすっきりしたなら、効率あげてくれ。タバコの意味ない・・。あなたの半分の時間で1.5倍の仕事やれるよ。小学生でもできる仕事してるんだから、しっかりしてほしい。それでちゃっかり給料とボーナスだけは貰えるんだから、笑けてくる。日本の会社って恐いね。

 それにしてもタバコ吸う人って一服って言うけど、吸わない人に比べてだいぶ休憩時間長い気がする。それに見合う仕事してるならどんどん吸ってもらって構わないんだけど。

まとまった時間が取れないのは当たり前。5分、10分空いた時間や短縮した時間を使って進められるところまで進めればいい。ほんのちょっとでいいから少しずつやるくせをつける。そうすると案外、時間のやりくりがうまくいくようになり、少しずついろんなことを同時並行で進めておいたおかげで、逆にまとまった時間も取れるようになる。

 にしてもダラダラ仕事をしている人、毎日毎日仕事で忙しいと言っている人が多すぎる。
本当か?あなたよりも忙しくて、でもそれ以上の仕事をこなしているは世の中に数えきれないほどいる。。
・・・と指摘すると「ワタシにはそんな人と違って能力がない」とか自分が努力することを棚に上げて、能力のせいにして言い訳する。

仕事というのは時間をかけていたらキリがない。
大概は必ず納期がある。
お客さんからもらえるギャラにも制約があり、
ギャラに見合った時間コスト以上の時間をかけて仕事をすれば、
それは会社に損害を与えている、
給料ドロボー、残業ドロボーということになる。

サラリーマンの多くは時間コスト意識が低いが、(というか時間を提供する以外、
自分にスキルや能力がないからそうなる。またいっぱい残業していれば、会社から仕事をしているように見られるという安心感からか)
会社の売上がアップし、
自分の給料をあげるためにも、
いつまでもダラダラ仕事してないで、
同じ仕事であれば、短時間で終わらせる工夫を、
常にしなければならない。

なぜだらだらするか。

1:仕事は時間がかかるものだと思っている
早く終わるわけがない。
というか与えられた仕事を、
終電間際までやることが、
会社への忠誠であり、
自分が仕事をしていることの証だと勘違いしている。

だから仕事を早く終わらそうなんて意識がない。
だから工夫しない。
だから集中力なく、だらだら仕事する。
菓子食いながらとか、同僚と雑談しながらとか、
ネット見ながらとか、私用のケータイいじながらとか。

メリハリがない。
だから時間がかかる。時間をかけて仕事をすることが仕事ではない、
という根本的なことがわかっていないからだろう。

それは仕事ごっこ、会社ごっこをしているに過ぎない。
終電間際まで毎日仕事して大変ですねって、
逆にいえば、それだけ仕事の進め方の効率が悪く、
スピード処理していない証拠。遅くまで仕事をしていれば、
いっぱい仕事があって仕事ができると勘違いしている、
その甘ったれた根性から考え直さねばならない。

本当に仕事ができる人は、
さっさと仕事を片付けてます。

2:無駄な動きが多い
「そんなことまでしなくてもいいんじゃない?」
って思うことを客へのサービスと勘違いし、過剰サービスをしている。

いつものルーティンワークなら、
ある程度、パソコンでフォーマット作って処理すれば早いのに、
いちいち毎回作っている。

メール文面でやたら丁寧過ぎる前置きや、
締めの文章が多くて、
それがチリも積もれば山となり、
メール処理に必要以上に時間をかけている。
(メールで丁寧過ぎる長いメールを送ってくる人は、
かえって相手に失礼な場合も多い。
前置きはいいから要件は何!と思っている人も多い)

あとは物理的な動きのだんどりの悪さ。
例えば午前中、渋谷に行って、昼、大手町に行って、
また夕方、渋谷に行くとか。
相手の都合がもちろんあるだろうけど、
渋谷の要件を2件とも午前中に調整する努力をしてみたのか?
もし一緒にできればその分、移動時間は減り、
別の仕事ができる。

自分は無意識にやっていることでも、
はたから見たら、それってやらなくてもいいんじゃない?
っていう無駄な動きをしている人は結構多い。
自分の1つ1つの動きを見直して、
効率的な動き方をするだけでも、
同じ仕事を同じクオリティでしていても、
早く仕事を終わらせることは可能だ。

3:自分一人で抱え込む
何事も自分でやらないと気が済まない人がいる。
自分でないとダメだと思い込んでいたり、
人に頼むことが下手だったり、
自分で全部やれば手柄をとれると、
思い込んでいるなどの理由が考えられる。

でも組織で働いている以上、過度な一人抱え込みによる個人プレーは、
かえって仕事全体の効率を悪くする。

その仕事だったら同僚に頼めばいいんじゃないの?
てんやわんやになっているのなら、後輩や上司をうまく使って、
効率的にスムーズに仕事をこなすことが重要なんじゃないの?

4:仕事以外に楽しみがない
たとえば19時からミスチルのコンサートがあったら?
どんなに仕事が忙しくても、よほどの緊急的な仕事がない限り、早く帰るに違いない。

ようはそういうこと。
仕事以外にも重要なものがあれば、
誰だって早く帰る。
しかしそれがない人は、いつまでもだらだらだらだら仕事をする。

たとえば彼氏や彼女がいない人は、
大概だらだら仕事をしている。
約束がないからだ。

仕事以外に趣味があれば、
そのために早く帰ろうとする。家庭を持っていてかわいい子供がいれば、
できるだけ仕事を早めに終わらせて、帰ろうとするだろう。

しかしそういうものがない人。
会社仕事だけが私の人生と思っている人は、
家に帰ってもさみしいから、会社に長時間居続けることになる。
たいした仕事がなくても、仕事が早く終わるのにもかかわらず。

そうすると時間がたっぷりあるから、
仕事をだらだらやってしまいがちだ。

そしてせっかく会いたいとか言ってきた友達には、
忙しいから会えないとかいいつつ、仕事が終わると同僚と飲みにいき、
何の生産性もない、上司の悪口や会社の悪口をいって終わるということを繰り返す。
こうしてどんどん友達をなくし、会社人間になっていく。
会社以外の人と会えば、
自分の“常識”にはないいろんな話が聞けるのに。

・・・・
短い時間で仕事をする工夫を考える意識、
というのは、
何も仕事を手を抜いて適当に片付けるという意味ではない。
当たり前の話だけど、
日本のように給料が年功序列で上がっていくには、
前の年よりも今の自分が、
より多く仕事をこなせていなければおかしいわけで、
より多くの仕事をこなせるようになるには、
これまでより短い時間で仕事を終わらせる能力が必要だ。
それが給料が上がる源泉となるのだから。

忙しい忙しいといっている人は、
正直あんまり信用ならない。
短い時間で仕事をする工夫をしていない、
と宣言しているからだ。

誰だってみんな忙しいなか時間調整してる。
それを自分だけが忙しいと思い、忙しいことを言い訳にされるとどーしよーもない。
あなたも忙しいかもしれないけれどこっちも忙しい。
でもその中でこちらも時間をとっている。
ようは時間管理と優先順位の問題。

いや、それでも会社から大量の仕事を押し付けられて、
どうしようもないぐらい忙しいというなら、
それは今の会社で働くことがいいのか、
考え直すべきこと。

そんなに忙しければ死んでしまう。
実際に過労死とかいっぱいあるわけだし。

何はともあれ、
仕事を早く終わらせる意識がないと、
無駄なことやったりいらんことやったりしてるだけで、
会社にも貢献しないし、
自分の有意義な時間も持てなくなる。

今の職場はみんな人もいいから楽しんだけどね。でもねぇ。。。。口では誰でも言えるし、偉そうなこと言って自分はちゃんとできている?と言われると、もちろん!とは言えない。だが、自分がまだまだ改善の余地があるってことを自覚しているだけでもまだマシかな。

そんなこんなで20代もあと一年。若い時の苦労は買ってでもしろ!ってよく言われるけど、ほんとそう。まだまだ苦労足らないな。死ぬ気でやってみろ。死なないからって誰かに言われたけど。そろそろかな!?

はぐれメタル倒してレベル35くらいになるしかねぇっ!!!
[PR]
by takac717 | 2012-08-15 00:05 | むふふ | Comments(0)

SIMロック!

カップ焼きそばの湯切りの最中に傾けすぎて麺が全部シンクに.....どーもぼくです!こーゆーときって、一体みんななんて言うの?気になる。。絶対なんか独り言いうでしょ。。

 いやね、失敗した〜。エア・アジアで国内線100円セールやってたんで、沖縄にでもソーキソバ食べにいこうと思いきや、昨日の12時から予約開始で今日の昼には4000席全部完売だとよ。ほんとかよ。沖縄、福岡、千歳とか。早すぎでしょ。あ〜。
 エア・アジアとか最近は格安航空会社が日本に入ってきて気軽に飛行機に乗れるようになった。ってオレ乗ってないけど。でも他社もうかうかしてられないから、色々サービスの質上げたりとイイ相乗効果が生まれる。空はいいけど、新幹線とかはJRだけなのか。ってか新幹線高っ!大したサービスないのに結構いい値段取るもんなー。JRも東と西、、、JRなんとかって色々あるけど、あれって全部会社自体は別物なのかな?東電と関西電力みたいに。

 それはそうと、日本に戻って1年経った!まだ3ヶ月くらいしか経ってない感じもあるし、遠い昔のような感じもある。AUSではなんとも思わなかったことがこっちでは気になったり。ふと気づくとそんなことが。日常にたくさんある。
 おとといかな?ガソリン入れようとガソスタ入ったら、店員3人もいるのに誰も誘導しないときた。一台車がガソリン入れてて微妙にスペースなかったってのもあるけど。ちょっと移動すればいいし、少々お待ち下さい。の一言くらいあってもいいんじゃないの?ここ日本でしょ?5分くらい誰もこっちに近寄らず・・・。えー!マジかこいつら!とちょっとイラついた、。AUSではあまりイライラすることはなかったはず。むしろ全部遅いし、サービスに質もあんまり求めてなかったし。でも日本に戻ってくるといつの間にか当たり前のラインがだいぶ上がっていた。
 時間に追われているからなのか、余裕が昔に比べると少ないからなのか。ま、たまにはイライラもいいのかな。いっつものんびりだとあれだもんね。

 話は全く変わるが、iPhoneって普及率どんくらいなんだろー?AUSでも結構普及してるのかな?日本は今ソフトバンクとauも使えるんだっけ?2年位前にソフトバンクが「なくなれ国境」って看板だしてたみたいだけど。SIMロック解除かと思いきや、海外でパケットフリーなんだとよ。ちょっと期待してしまった。全然、国境なくなってないし。海外では携帯電話末端会社と通信会社が自由に選べる。日本は電話会社を守るためにSIMロックをかける。iPhoneやiPadをドコモやauで契約されてしまうからだ。別にソフトバンクが開発したわけじゃないのに。消費者の不利になるとか言って阻止している。SIMFREEの方が便利だと思うんだけどな。消費者が第一じゃなく、会社が一番。ってのが伝わってくる。
 日本は規制が色々と多すぎる。日本の企業を守るためと言えば聞こえはいいが、外国企業が参入しにくいため、市場原理が働かずその業界側の論理でしかサービスが提供されず、消費者は不利益を強いられる。日本の企業は日本のルールでしかやっていないので世界市場に進出しても成功しない。

 こんな鎖国政策してても日本の人口が右肩上がりで増えているなら問題ない。世界を相手にしなくても日本だけで食っていけるから。
 日本の人口は右肩下がり。日本企業が残るには日本市場だけじゃなく、アジアや世界市場に進出しなくてはいけなくなった。
 もはや、完全なボーダレス。無意味な国境は簡単に乗り越えられる。今はSIMロックがかかってないiPhoneが海外では売っている。日本だけで無意味な壁があっても海外ではないんだから、海外で買って、日本で使えばいい。こんなのiPhoneだけに限った話ではない。こうして自ら国境を作り上げ世界から取り残された日本。いい加減、鎖国政策をやめない限り他国に追い抜かれる。
 国境をなくすことはリスクでもあるが、チャンスでもある。昔の鎖国時代の遺伝子が残っているのか、いつもリスクばかり強調する。国境をなくさないのなら人口増やさないと。増えないなら外人にもっと来てもらわないと。

 一体いつまで鎖国続けるの?鎖国といえば龍馬伝で見たけど、尊皇攘夷派は結局破れ、大政奉還の成立で結果、文明開化。そして今がある。今の時代の坂本龍馬は一体誰だろ。。
[PR]
by takac717 | 2012-08-03 01:00 | むふふ | Comments(0)