人気ブログランキング |

マカオ旅

どうも。ただいま戻りましたぼくです。


今回の旅行について二、三回に分けて書いていこうと思います!

まずはマカオのカジノについてです。

初マカオでしたが、カジノがありすぎです。供給過剰ですね。

今回はほとんど、カジノオンリー。全く観光をしてません(笑)

制服もカジノごとに違ってて面白かったですね☆

シンガポールとの違いがたくさんみられました。

まず、エンジェルアイがどのカジノもスーパーでした。

中にはbanker、playerの勝った方の枠組みが光るテーブルを置いてるとこもありました。

チップもカジノごとに違ってて、ペラペラのオモチャみたいなやつを使ってるカジノもあった。

全体的にデーブルのミニマムが高い。HK$300から絞れるけど、だいたいは1000。外資系の立派なカジノはミニマムが高い傾向がある。


シンガポールよりも平場での平均的な掛け金が高い。

ふつーに1000万クラスの客がいる。

バカラのテーブルで大きいテーブルがある。13人まで座れるのかな。ディーラーは二人。二人でカード配ったり配当してる姿は新鮮でした 笑

配当もカジノによっては350かけてる人がいたとして、350の配当をつけるのではなくて、トータルで700なので400つけて50をとるってやり方でやってるとこもありました。

シックボーはあまりにも倍率が悪すぎる。かなりぼってます。絶対にやらないほうがいいでしょう。


そして、1番の違い、、、


カジノが全面禁煙。めちゃくちゃ綺麗。愕然としたけど、カジノのでかさは2倍、3倍なのに落ちてるゴミや掃除のおばさん達は半分以下。

お客もめんどくさそーな客があんまりいない。っていうか、シンガポールの客が悪過ぎる。


お客様<カジノ

って感じです。そんなにペコペコしてないし、いちいち文句を言ってくる客がいない。お客をちゃんとコントロールしてる感じが伝わってくる。

ディーラー?というか、ディーリングの質はシンガポールの方が上ですね。すごいテキトーです。雑すぎる。でもそれでもオッケーってことです。

客はいいし、職場の環境もいい、上司や会社のルールもゆるい。

ディーラーとして働くにはシンガポールよりも快適かもしれませんね。そこで慣れたらこっちでは働けないでしょうけど。

色々と楽しかったなー!!


とりあえずこんな感じです

by takac717 | 2015-09-06 22:39 | カジノ | Comments(0)


<< マカオ旅2 ちくしょーめ! >>