人気ブログランキング |

偶然の成功はあっても偶然の失敗はない

どうも。最近見始めたドラマは真田丸と新牡丹と薔薇!のぼくです。


どっちも面白いぞー!!


色々ブログ読んだり、動画見たり、雑誌読んだりしてるけど思い出したことがあったので書こうと思います。


良い失敗と悪い成功です。


なんのこっちゃ?って思うかもしれないけど、たくさんあるんです。

仕事が特に。


カジノの仕事でもそうだし、今まで働いてきた職場でもそう。

同僚にしっかり言えるか?


それは悪い成功。それは良い失敗。

たまたま好条件が重なって結果的に上手くいったけど、それを続けていくと必ずいつか大きな失敗に結びつく仕事のスタイル、考え方。


たまたま悪条件が重なって結果的には失敗したけど、長い目で見れば必ず良い結果に結びつく仕事のスタイル、考え方。


経営者なら絶対必要だし、部下を持つ立場の人間もそれを持ってなきゃいけないと思う。


今まで働いてきた会社は大体、

短期的な業績重視だったり、業務市場主義な感じが強かったからね、、、、。


それを見抜ける目を仮に持っていたとしても、その会社の雰囲気の中で成功した人やうまくいって結果を出した人に

それは悪い成功だ。って言えるかなーと自分で思ったりもする。

その人からしたら、、は?こいつは何言ってんだ?くらいにしか思わないだろうね。


大きいミスによって表沙汰になってみれば

誰が見ても、目の前の業績や成功の為にこんなことを続けていればいつかは最悪の結果になると

わかっていること。

日本の警察とかも事件にならないと動かないからね。

だいたいどの企業にも短期的業績に目を奪われて、悪い成功や気付いているのに指摘しないミスなどなど


悪いものは見過ごす風習がある。


カジノで働き初めてもうすぐ1年半になるけど


今の上のポジションの人でしっかりそーゆー目を持っていてしかもちゃんと指摘してくれる人が、、まぁいない。

言われたらやる。仕事だからやってる。そーゆー人達がほとんど。

色々言ったら揉めるし、めんどーなことが起きる。


そーなんだよね。


それはわかるんだけど、。


自分が上の立場だったらそれを指摘できるか?と言われたら即答でイエス!とはまだ言えないのが現状。



一人一人の意識ってその会社を作っていくと言っても過言ではないはず。


今はたまたまカジノの仕事だけど。カード綺麗に配る、配当を丁寧にする、客がいない時は綺麗な姿勢で待機する、なにか聞かれたら親切に教える、


とか幾らでもあるけど、周りがやってないから別にやんなくていっか。みたいな感じになると、おれもいいや、私もいっかな、

別に給料かわねーし。みたいになってそのカジノのレベルがいるどんどん劣化していく、、


部下に対して襟を正し、それは悪い成功だ!と投げかけたときに部下はその真意を受け入れることが出来るのか?


経営者やマネージャークラスの人に問われるのは

企業の将来の発展のため

目先の利益のため


だけではないと思っている。


部下の成長も大切。


だけど、カジノ内はそれがあまり見られない。頻繁に人が入れ替わるし、変えはきく。

ましてや、シンガポールで働く外国人達は思考能力で言えば決して、先進国とは思えない。半永久的に発展途上。先進国のようになることはありえない。


だからなんにも言わないのかもね。言ったところでなにも変わらないし、理解できないから。大きいミスがあればクビ。変えはいくらでもいる。


こーゆーのがなんか寂しいねー。


自分がしっかり指導できるか?と言われたら厳しいが。その人に対する思いの深さによっても変わるが、やっぱり信用出来る部下ができたら成長して欲しい。


、、、、と周りの上司を見ながら、自分が上のポジションになった時のことを考えて妄想していた昨日でした。






by takac717 | 2016-02-07 05:40 | むふふ | Comments(0)


<< 誤断 北欧の理想郷 >>