人気ブログランキング |

ばらつき

どうも。キリッとした眉の女性が結構好きなぼくです。


日本人女性は眉を綺麗に書くけど、他の国の女性は太く濃く書いてる人が多い気がします


人の印象って眉でだいぶ変わるのです


さて、本題です


少し前にもでてきましたが、標準偏差ってなんだかご存知ですか?

データのばらつきを表す値です


データを分析する上でとても重要


もっと詳しく言えば、データが平均値の周辺にどのくらいの広がりや散らばりを持っているか

ということを表す統計量

なんだそうです。おれもあんまり詳しくは知らなかったですが(笑)

標準偏差は平均値と合わせて見ることでより正確にデータを把握することができるのです

わかりやすい解説があったので、それで説明しましょう。



果物屋を経営してるシンガポール人 Aさんは平均値のみを参考にしてみかんの仕入れをする

同じく隣の果物屋を、経営している日本人Bさんは平均値と標準偏差を参考にしてみかんを仕入れをする


Aさんは🍊を10個仕入れるために仕入先からデータをもらいました


中くらいの🍊(120gくらい)が1番売れるのでみかん10個の重さの平均値を調べてみました

産地 平均値 値段

韓国産🍊 120g 300円

日本産🍊 120g 400円


Aさんはどっちも平均値が同じだし、値段が安い韓国産の🍊に決めました


Bさんも同じく仕入先からデータをもらいました。

同じく中くらいの🍊(120gくらい)が売れ筋No. 1なので、🍊10個の重さの平均値を調べました。加えて標準偏差も調べました


産地   平均値 標準偏差 値段

韓国🍊 120g 58 300円

日本🍊 120g 6 400円


どっちも平均の重さは120gだけど、韓国産は標準偏差が58で日本産は標準偏差が6とだいぶ誤差がある


標準偏差とはばらつきのこと


この標準偏差を使ってばらつきを計算することができるのです

(平均値−標準偏差)〜(平均値+標準偏差)


この中に約7割のデータが含まれるそうです


韓国産🍊 (120-58)〜(120+58)

日本産🍊 (120-6) 〜(120+6)


つまり

韓国産🍊のばらつきは62g〜178g

日本産🍊のばらつきは114g〜126g


だということ。


これがわかったBさんは、


韓国産🍊は小さいのから大きいのまでばらつきがたくさんあるかもしれないと考えて

値段が高くても日本産🍊の方を買いました


そして🍊がAさん、Bさんの元へ届きました


重さを量ってみると、、

韓国産🍊は

51.54.63.66.77.171.173.175.184.186


日本産🍊は


110.112.115.118.120.120.123.126.127.129


日本産🍊は全部売れたけど、韓国産🍊はほとんど余ってしまったそうです


ざっとこんな話です


平均値を出すのは大事です。


だけど、平均値+標準偏差を出すことによって


よりそのデータを正確に把握できるのです


データには稀にではあるが極端に異常な数値が混じっていることもある


それが平均値を大きく変えることがある


バカラでは数年に一度の大勝ちが稀にある


もちろん嬉しい誤算ではあるが


しかしそれを自分のデータに入れてしまうと、それありきの結果になってしまう


私が欲しいのは誤差の少ない結果


毎回大勝ち、中勝ち、中負け、小勝ち、大負け、大負け、、、、

こんな感じの勝ち負けの幅が大き過ぎる勝負はしたくない

精神が擦り減るスピード早いし、メンタルも長くは持たない


勝ちは勝ちでも一回の大勝ちに頼る様なシステムはシステムではない


大負けを減らし、中勝ち小勝ちを繰り返して、たまに大勝ちがやってくる


そんなパターンが理想的


色々な掛け方でプレイした結果


システムA とシステムB は収支がそこそこプラスになることが判明


システムAとシステムBのトータル収支の標準偏差を出すとAの方は標準偏差が小さいのです


なので、今は7割はシステムAでかける


なぜか?収支のばらつきが小さいからです


12時間やってもほぼほぼ想定内だからです


メンタルがやられないからです


何度かシステムBに切り替わることもあるが、基本的にはAがメイン

これにさらにユニットの上げ下げが3パターン


どこまで大負けの波に耐えれるか


負ける気がしませんっっ
d0263682_06062463.jpg





by takac717 | 2017-05-01 04:36 | カジノ | Comments(0)


<< 正規分布 バカラ必勝法 >>