プロスペクト理論

どうも。POKKA で1番好きなのがstrawberry teaのぼくです。

昨日13時から麻雀を開始


4時に終了でした


負けたぜっ!まあまあ負けたけど全然小さい額


そして今日は三連休の2日目。カジノへ行ってきまーす


麻雀もポーカーも運と技術が結果に関わってくる


賭け事、ギャンブルと言われるものには必ず期待値というものがある


あと控除率ね


投資はギャンブルなのか?と言われるとイエスともノーとも言えるそう


その人のやり方次第で期待値がプラスになればそれは投資になりうるから



バカラは単純にバンカーかプレイヤーの2択


二分の一、50%だ


バカラをやってる人全員の結果を知っているわけではないが、99.9%は負けているような気がします


実際どーなんだろう?ほんとにわかんないですよ。どれくらいの人がトータルで勝っているのか。



みんなは不思議に思わないのですかね



50%で勝てるのにほぼ全員が負けてしまっていることに



それはね、人間には後頭部にチップが埋め込まれているからです

負けるようになる賭け方を自動的にする


というプログラミングがされているのです


ん?こいつはなにを言っているんだ?と思った方は危ないですよ




では、質問です


どっちかを選んでくださいね

質問1

A: 私が今、あなたに100万円を無条件であげます

B: コインを投げて表がでたら200万あげます、もし裏がでたらお金はあげません


スーパーラッキーな状況でしょ??絶対にどっちか選んでくださいね


選びました?



それはとりあえず置いといて次にいきますよ


質問2

A: 今この場で罰金100万円を支払う


B: あなたがコインを投げて表なら罰金は支払わなくても結構です。もし裏がでたら罰金を200万円支払ってください



はい。選びましたか?


質問1の場合ほとんどの人が無条件で100万円をもらってしまいます

期待値的にはどっちも100万なんですけどね


もうこれは誰だってその場で100万もらった方がいいに決まってます


たしかに、コインを投げて表がでたら200万円貰えるけど、、確実に100万もらっとこ!


ってなるでしょ


そして、質問2


無条件で100万支払うって嫌ですよね


そうなんです。誰だって嫌なんです。


俺も嫌です。


んーーー。



んーーーーーーーーー。やるっ



コイン投げるっっ


一か八かに賭けてみる


50%なんだからな!!



ね?



こーなるんですよ



これがプロスペクト理論ってやつです



同じ期待値の事柄でも、人間は利益がでているときは堅実な方を選びやすく


逆に損失を抱えているときは一か八かの方を選びやすくなる


この理論は全員に当てはまるってわけではないにしろ、ほとんどの人に当てはまります


ギャンブルで負けている人は100%と言っても過言ではないくらい


このパターンです


バカラで当てはめると


勝っているときは勝ち分を溶かしたくない


もっと勝ちたいけど、、、


負けてプラマイゼロ、マイナスにならないようにしないと、、


こんな思考になります


つまり利益を確定させたいのです


逆に調子が悪くてプラスにならない、、、一向にマイナス域、、、


あーームカつく、、、次は鉄板でバンカーやなっ


2倍、、、いや、3倍賭ける!!もし勝てばプラマイゼロまで戻せる!


っていう思考になります


リスクをとってでも大勝負にでる、、ってやつです




つまり、


プロスペクト理論では


本能的に損大利小になるんですよ



人って負けるのが嫌なんですよ、損するのが嫌な生き物なんです


当たり前ですよね



負けるのが得意!損するのが好き!!


なんて人いないですから



ふつーに生活してるぶんには全く問題ない、、この思考が投資では致命傷になる



負けるのは当然なんです



勝率100%なんて無理です



バカラで全部を当てるなんて不可能です


勝つにはプロスペクト理論の逆をいく


損大利小の逆


損小利大



勝ってるときは勝ちを早々と確定させない


負けているときは賭け額をむやみにあげない




たまに、なら早めに利確してもいいんですけどね



d0263682_19362499.jpg











[PR]
by takac717 | 2017-06-09 18:38 | カジノ | Comments(0)


<< ホワイトカレー 半年ぶりですよ >>