登りたい山を決める

どうも。お笑い芸人のクッキーの顔真似が好きなぼくです。


今日はお休みでした。16時過ぎに起きてやよい軒に野菜炒め定食を食べに行き、ちょっと買い物をして帰ってきました。



帰ってきてYouTubeを見てたら少し眠くなり仮眠、、、



現在3時半でございます、、、



こうなるともう寝れないんですよ



もちろん今日は仕事です。。。。



大体休みの日は8割このパターンです(泣)



こんな夜中になにをするかというと



色んな方のYouTubeをひたすら観るです



世間で言われる偉大な方々のスピーチをね



スティーブ・ジョブズとか堀江貴文とか



アメリカの有名な大学での卒業式のスピーチとかも観ます



今日は孫正義さんの話を聞いてました



いやー、すごい方です



この様な方々のスピーチを聞いてるとみんな似てるんですよ



人生の目標、やりたいことに対する情熱、なにを言われてもブレない軸



こーいったものをそれぞれ持っている



これらの動画やスピーチを若いときに聞いていたら、たくさんの人が人生を考え直すきっかけになると思います



私は25歳の時にオーストラリアに行って、全て考えが変わりました



最初は単に海外で暮らしたい



ただ、それだけでした



定時で仕事を終わらせて、のんびりアフターファイブ



休みの日は外でBBQしたり、車でドライブ



そんなお気楽な人生を歩みたいなー



なんて思っていて、その為にはある永住権取らないとな



それだけ考えてました



別に仕事が嫌で嫌で仕事を辞めたいとか、もう人生に疲れたとか


そーゆーのではなかったんです



ただ、親からは


真面目に働いて結婚して安定した生活を送りなさい



と、言われていただけです



この生活を定年までずっと?



そう考えた時に、人生がお先真っ暗になってしまったのです



この時、新卒で入社した会社でわずか4ヶ月目、、、



そのときに決断しました。あと2年したらオーストラリア行くと



そこからはあっという間でした



いざ、オーストラリアに行ってみると



自分と似たような考えの人や、そーでない人



まあ、たくさんの日本人やら外国人がいました



最初の半年くらいはそれはそれは楽しかったです



オーストラリアにいれる期限があったので、自分が次になにをしないといけないか



しっかり考えて行動しないとすぐに帰国しないといけなかったのです



その時は永住権が欲しかったのでどの方法で永住権を目指すか


いくつかの取得方法があったのですが、自分なりに決める


いくつかのステップがあって、それを一つずつクリアしていく



ちょうど3年が経つくらいだったかな



人生の大きな分岐点でした



このままオーストラリアに残るか、日本に帰国するか



本当は残りたかったのですが、帰らざるを得ない状況だったので


夢半ばで帰国。。。


あの時は悔しかったですね


永住権を諦めざるを得なかったので


この時すでに28歳になる直前でした



オーストラリアに来る前とでは全くの別人になっていました


そうです。スティーブジョブズや孫正義と同じ偉人です。いや、それは言い過ぎました

日本の一般のサラリーマンとは考え方がまるで違う、ただのクレイジーな人になっていのです。



日本に帰国が決まったら次はなにを目指すのか



なにをやりたいのか


どーいった人生にしたいのか


その時に、今のカジノの道に進もうと決めたのです


すんなりカジノで働けているように見えるかもしれませんけど、違いますよ


日本に帰国してカジノで働くためにはとーすればいいのか

ふつーに考えたら海外のカジノで働くなんて難しいんです


このまま日本の一般の会社に勤めて結婚しようか

とか


考えなかったわけじゃないです



自分の年齢を考えると、これからころころ仕事を変えるわけにはいかないし、


これから自分が長く働く仕事ですから


安易には決められないわけです


最終的に、やっぱりどーしてもカジノで働きたかったので


その時働いていた会社は辞めました



これからの仕事への情熱は全部好きなことへ回そう



この時、私は自分が登りたい山を決めたのです



自分が目指すもの、志はなんなのか


これを決めることが大切だ!と孫正義さんは言ってましたね




「登りたい山を決める」



これで人生の半分が決まるそうです




27歳のときに観ていた、龍馬伝



自分はなにをする為に生まれてきたのか



と坂本龍馬は言ってましたよ



そう。自分にとっての成すべきこと



それは人それぞれ違うのです



自分が一生を賭けるべき仕事



楽しいこと、好きなこと、意欲を持ち続けられこと、日本でまだほとんどの人がやったことがないこと



それが私にとってカジノ産業だった、というだけです



孫正義さんの動画を観ていたら、20代、30代、40代でそれぞれ挑戦?大博打?があったそうです



自分の人生の大博打ってあるかなぁーと考えてみると、



そんなにないですね



30代も残り半分




とりあえず日本にカジノがオープンするときにオープニングスタッフとして働く



これを目指して日々、経験を積んでいこうと思います



d0263682_06542802.jpeg


そろそろ仮眠するとしますか、、、


[PR]
by takac717 | 2018-02-09 04:33 | むふふ | Comments(0)


<< Lemon 航空券取りました >>