人気ブログランキング |

2015年 03月 29日 ( 1 )

偉大な方

どうも!卵とじ丼が食べたいぼくです。

シンガポールを築いたリークアンユーさんが一昨日亡くなりました。

自分はあんまりシンガポールの歴史をしらなかったのですが、これをきっかけに少し知りました。

シンガポールは独立して50 年。独立の前の3年間は旧日本軍が占領していました。

日中戦争の影響もあって中華系の人が反逆を企む恐れもあったそうで、多くの中華系の一人を虐殺したそうです。

シンガポール華僑虐殺事件とされ今でも記念碑が残ってます。

ほんの少し間違えば韓国や中国と同じ感じになっていたかもしれない。

Forgive,But Never Forget.

許しましょう。しかし、忘れまい。


悲痛な歴史的経験に対して敵対心をもって執着するのではなく、受容する選択をとる。


過去には囚われない。という意味。


私達人間は普通、過去にあった嫌な経験や出来事に囚われそれを将来引きずりがちです。

日中、日韓の関係はその最たる例。

個人レベルで考えても嫌なことを言われたからあの人嫌い、とか

どんな人にも日常的にありうるけど、負の感情を持ち続けることはそこに留まり発展、成長を妨げる。


負の感情を手放すのは簡単なことではない。

独立からわずか50年でここまで成長したのは彼のこの政策により、過去に囚われず早い段階で負の感情を手放していることなのです。

シンガポールで、日本人や外国人が平和に暮らせるのはまさに彼がいたから。


シンガポールの国民がこんなに泣いたり、彼の死を悲しんでるのを見てなんで?って思ったけど、納得です。


自分も過去に囚われず今を生きようと思います。




by takac717 | 2015-03-29 20:46 | 歴史、経済 | Comments(0)